Shooting Star 〜7つの虹色くんたち〜

ジャニヲタがただわちゃわちゃキャーキャー言ってるだけのブログ。たまにハロプロ。関西の三十路もうすぐアラフォーのおじさんたちとそれを追いかける若者たちが特に好きです。

私のジャニヲタ歴史1〜当時の人気を詳しく書いてみた

ちょっとネタが思い浮かばないので、

ジャニヲタになった経緯と、

歴史と浮気したアイドルなんかここに記していこうと思います。

 

私がジャニヲタになったのは2005年冬!!今まで完全ハロヲタだったんだけど、ごくせんにハマってしまって。仁亀がとても好きでした。

 

当時、知らない人も多いかもしれないけども、現アラサージャニーズの全盛期だったのね。で、嵐もそんなに人気ないし(今のNEWSくらい) NEWSとKAT-TUNの勢いがすごかったんだわ。どのドラマやどの番組見ても、山P、亀ちゃん、仁くん、亮くんの四強だった。

 

だって、

2005年冬...ごくせん(亀梨、赤西)

2005年春...アネゴ(赤西)

2005年夏...ドラゴン桜(山P)

                   頑張っていきましょい(錦戸、内【途中から田口】)

2005年秋...野ブタをプロデュース(亀梨、山P)

                   1リットルの涙(錦戸)

※ワンシーズン空いて

2006年春...クロサギ(山P)

                   アテンションプリーズ(錦戸)

 

って感じで今のアラサージャニーズが20歳くらいの時は全盛期だったの。

人気も事務所の推し方も尋常じゃなかったのだ。

 

あのね、どれくらいKAT-TUNが人気あったのか知らない人もあるだろうから、

KAT-TUNの人気を少しだけざっと教えとくね。

 

◎キスマイがデビュー前、

ホール&アリーナツアーをしたのは知ってる方も結構いると思うけども、

2万人のキャパ数に対して55万の応募があったらしい。

 

◎仁亀コンビと呼ばれていた不動のシンメトリーの赤西仁亀梨和也が出演した「ごくせん」がシリーズの中で最高視聴率を突破。確か平均が28パーセントとかだったかなあ?最高視聴率は約33パーセントを記録して日テレのドラマの中で最高視聴率らしい。

 

◎ごくせんと同時期に発売されたDVDがデビュー前にもかかわらず年間一位を記録。

 

◎2005年に発売された修二と彰青春アミーゴが160万枚売り上げいきなり大ヒット。(野ブタをプロデュース名義)

もちろん、握手券などつけておりません。

その後、KAT-TUNのデビュー曲のReal Faceがいきなりのミリオン達成。

多分、この世代に青春時代を過ごした小学生、中高生は全員口ずさむことができるのではないでしょうか。

 

◎Real Faceでデビューした際に、

同時にアルバム、DVDも出したのですが、三冠を達成しています。アルバム、DVDも同時にデビュー作が三作とも三冠というのは史上初で未だに破られていないそうです。

※ちなみにデビューアルバムはジュニア時代に歌っていた楽曲のみで構成されており、デビューアルバムがベストアルバムと化していたそうだ。(オリジナル曲が60曲を超えていたため) ※ちなみにキスマイは30曲くらい。ABC-Zは20曲くらいではないでしょうか。

 

◎Real Face以降、赤西が脱退するまでのシングルであるLove your self〜君が嫌いな君が好き〜 まで全てのシングルがランキングトップテンに入っていたそう。

 

◎東京ドーム異例の8日間連続公演を行った。当初は7日間連続だったのだが、異例の追加公演がプラスさえ8日間となった。東京ドーム8日間連続は前代未聞だったらしく、ギネス認定の話まで出ていたそうだ。

ちなみに休みも挟むと10日間連続で行われ、大阪で3日間行ったそうだ。

2009年の出来事である。

 

CDTVで、夏と冬に行われる恋人にしたいアーティストで、赤西が5連覇を獲得。ちなみにこのランキングは当時亀梨と赤西の独占市場だったそうだ。

 

◎当時髪の毛を真似する人が多かった。今なら三代目の登坂や今市や岩田の髪の毛を真似するだろうが、当時は亀梨赤西がよくしていたホストヘアが大流行。特に赤西の髪型は今後のジャニーズの後輩の髪型に影響を与えて行く...(真似していたのが、Sexy Zone菊池風磨、Hey!Say!JUMPの高木雄也、ABC-Zの橋本良亮など)

 

更にすごかったのは、

デビュー前にもかかわらず全国放送でレギュラーを持っていたのよ。

ゴールデンで松潤が司会をしていた、

歌笑ってゆう番組。

今はイッテQ枠になっているけれども、

当時毎週リアルタイムで見るのが楽しかった。

あと、Mステもデビュー前にもかかわらず普通にちょくちょく出ていたし、

Mステのクリスマススペシャルって通常、デビューした人気のアーティストしか呼ばれないんだけど、KAT-TUNはデビュー前にもかかわらず出演していた記憶があるw

 

これみたJCとJKは聞いてわかったでしょ?

今は人数が減るに減って充電期間として活動休止しているけれど、

当時はかなりすごかったってことが。

 

ただね、なんでここまで人気がすごかったのにデビューさせてもらえなかったのかというと、

結構な不良ちゃんだったからw

らしい。

まあ、不仲説も普通に流れていたよね。(当時ネットも持ってなかったし、テレビと噂と雑誌でしか情報集められなかったからね。ご了承を)

だから、全員が20歳になるまでデビューできなかったみたい。

KAT-TUNの専属のジュニア?だったキスマイもKAT-TUNに憧れてデビュー前かなりやんちゃしていたから、

全員が20歳になるまでデビューさせてもらえなかったのさ。

 

まあ長くなったが、

話戻すわね。

 

当時、青春アミーゴでMステにしょっちゅう出ていたし、野ブタは視聴率が約20パーセントだったし、戸田恵梨香堀北真希がヒロインと準ヒロイン役だったんだけど、これで人気女優になったし、学校の校内放送で毎週のように野ブタがかかってたのよ。

 

今でこそ関ジャニさんたちは人気があるが、当時は女性誌でKAT-TUNのバーターでこんなグループがありますよ!みたいな感じで2ページだけ関ジャニが載ってたりしていた。(普通KAT-TUNはデビューしていないのだから立場逆なのにね。)

 

それくらいすごかった。

 

当時の話題は、

赤西がね、亀梨がね、

かっこいいいいい!

 

ってみんな口癖のように言っていたよ。

もちろん、ジャニヲタじゃないミーハーな子も。

 

ってことで、

私のKAT-TUN熱は2年くらい続きました。

 

続いては、Hey!Say!JUMP、嵐編に参りたいと思います。

 

読んでくださってありがとうございました!