読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shooting Star 〜7つの虹色くんたち〜

ジャニヲタがただわちゃわちゃキャーキャー言ってるだけのブログ。たまにハロプロ。関西の三十路もうすぐアラフォーのおじさんたちとそれを追いかける若者たちが特に好きです。

私のジャニヲタ歴史2

先日もお伝えした通り、
私が今までハマったジャニヲタの歴史を解説ととももに語っていこうと思う。

今回はHey!Say!JUMPと嵐編だ。

Hey!Say!JUMPにハマったのは小学校5年から6年にかけてだったと思う。

ジャニヲタの熱が薄れてきていた2007年ごろ、
ジャニーズから新しいユニットがデビューするという話を耳にした。

それがHey!Say!JUMPの前身ユニットである、
Hey!Say!7だったのだ。
ラジオでHey!Say!って曲が流れていて、
「あーなんかジャニーズからまた新しいグループがデビューするんだ」
なんて思っていたのだ。
当時彼らはバリバリの中学生と高校生ってことに驚いた記憶しかない。

そんな興味のかけらもなかった私が、
なぜハマったというと。
山田涼介が学校で流行ったから。
ジャニーズっていままで昭和後期に生まれたおっさん集団←(当時はお兄さん集団)
で構成されているのかと思ったが、
Hey!Say!JUMPが出てきたことにより、
私たちと同世代のグループがでてきたということになる。
当然、山田涼介は当時のティーン向け雑誌で特集を組まれるほど人気で、
探偵学園Qで人気急上昇と言う名目になっていた。
周りが、キャーキャー言いだして、
当時中3に心を奪われたのだ。

更に、2008年には1ポンドの福音で亀梨くんのバーターで山田くんが出演し、
その後、高木雄也くんが(高木くんの高という漢字が出てこないため、こちらにしてます)ごくせんで、三浦春馬という平成生まれの人気急上昇俳優とともにメインキャストに選ばれた。(パート2でいう、亀梨赤西的な)

ごくせんの高木にハマった私は、
高木と山田にめちゃくちゃ大ハマリをしていた。

当時の私は狂っていて、
東京のお台場で、ジャニーズ夏の恒例のsummaryがイベントであってたんだが、
Hey!Say!JUMP、キスマイ、ABC、B.A.D.などが出演していたと思うが、
それに私は、
「行きたい!同じ空気吸いたい!やばい行きたい!」
と遠い九州の田舎なのに親にお願いしていた。
親には、
「行けばいいじゃん。お金私は出さんよ」
て言われていた記憶がある
とにかく田舎が憎かった。笑

Hey!Say!JUMPの特集は全部読んでいたし、
your seedとDreams Come Tureは好きだった記憶でしかない。(CDは買ってもらえなかった)

そんな私がなぜHey!Say!JUMP
のファンを辞めたかというと、
2008年になる。
2008年に当時山田涼介とともにハマっていたジュニアがいたのだ。
それが、当時ジュニアで王子様扱いであった橋本良亮にハマったのだ。(今のポジションでいうとジェシーあたりかな)
当時彼は、Hey!Say!JUMPに選ばれずに(ルックスが中学生の割に大人びていたから) ソロで活動していた。 それが、°C-ute有原栞菜とスキャンダルを起こしてしまったのだ。当時中3なので、年頃なのだがちょっとませすぎじゃね?って思ったのが私の本音だった。
スキャンダルを起こして辞めんじゃね?みたいな、フラグも立っていたが、
彼は、ソロで華やかに毎月少クラでも歌わせてもらえていて、真田くん野澤くんとともにTOP3なんてグループをもらえていたはずなのだが、
いきなり、アクロバットメインのジャニーズの中国雑技団であるABC-Zに突如加入することになったのだ。
いきなりだったと思う。
私は雑誌で知ったかな。パソコンなんて興味なかったし。この話はパート3でしよう。

そんなハッシーのエピソード(元々Hey!Say!JUMPのメンバーのほとんどが選ばれたというJ.J.Expressで、彼が選ばれなかったと聞いた私は即座にジャニーズの闇を感じたのだ。
今のジャニーズもこんな感じだが、
「あージャニーズって怖いな」
なんて小学生の私ですら深い闇を見てしまったもんなので、Hey!Say!JUMPなんで応援できなくなったのだ。
更に、そんなジャニーさんのゴリ押しグループはデビューしてすぐ無謀すぎる東京ドーム公演を当時最短記録を作りつつもしたのだ。そんな彼らのデビューして埋まるわけがないので、オープニングアクトとして呼ばれたのがABCとキスマイだったのだ。彼らの方がキャリアも実力も上だったのに、後輩であったHey!Say!JUMPのバックに立たなければならない。
そんな辛くて、受け入れ難いことはないだろう、と感じ、ファンを辞めてしまった。
今でも全くJUMPにハマっていない。
魅力さえもわからないし、湧かない。
(JUMPのファンの方気分悪くされたのでしたらすみません)

あと、嵐編だね。
嵐はほんと1ヶ月とかだった気がする。
山田太郎ものがたりと、志村どうぶつ園の相葉くんに惹かれて、相葉くんにハマったことがある。
1ヶ月でHey!Say!JUMPにハマってしまったが、
10周年のアルバムはかなり好きで、ずーっと聴いていたものだ。
最近は、2010年以降の曲を全く把握していない。
友人も嵐好きな子が多いんだよね。
櫻井くんが好きだった気がする。(なんとも王道な)

まあ、こんな感じで、私のジャニヲタ歴史のHey!Say!JUMP編と嵐編を楽しんでいただけた?だろうか。
次はキスマイ、ABC、NEWS編を書こうかな。
では。

読んでくださってありがとうございます!